PFC新着・イベント情報

category

JUNGLE Nambaで学生が調理・試験販売する「ランチボックスイベント」を開催!

2019年12月7日(土)、都心型アウトドア・パーク・オアシス「JUNGLE Namba」で、大阪府立大学植物工場研究センター(以下、PFC)と南海不動産株式会社、株式会社大倉は「ランチボックスレシピイベント」を開催しました。

イベントでは、PFCで生産したレタス「府大マルシェ」を用いてレシピ考案した地域保健学域 総合リハビリテーション学類 栄養療法学専攻の学生、山本麻衣さんが、ランチボックスを実際に調理・試験販売しました。また、谷口菜央さんは体調不良で参加できなかったもののJUNGLE Nambaのシェフが代わって調理していただきました。これらのレシピは、大阪府立大学・府大高専の学生対象の「アイデアレシピコンテスト2019」にて入賞したものです。

当日は、曇天で若干寒かったことから一般来場者が少なかったにも関わらず、早くから南海不動産株式会社や株式会社大倉、大阪府立大学関係者お越しいただき、11時の販売開始後、限定30食のランチボックスが順調に売れ、まず、「野菜たっぷり! 彩豊かなカレー風タコライス」が完売し、続いて、1時過ぎには「府大マルシェ巻きボックス」も完売しました。

また、植物工場研究センター長 増田 昇 名誉教授による植物工場関連のミニ講義にも20脚近く準備した椅子が足りなくなるほど聴講者が集まり、皆様熱心に聞き入っていました。さらに、フリルレタスとバタビアレタスの2種類の府大マルシェの販売も行いましたが、これらもそれぞれ3ダースずつ完売しました。

会場には、PFCとともに栄養療法学専攻のポスターの掲示とチラシの配布も行い、広報にも努めました。

 

学生コメント(山本麻衣さん)

寒い中多くの方にお寄り頂き、シェフをはじめとする皆様のご協力のおかげで無事に完売して終えることができたこと、考案したレシピの調理・販売に携わる貴重な機会を頂けたことに心より感謝申し上げます。このイベントを機に、府大マルシェの魅力がより広まっていけば良いなと思いました。