施設概要

施設概要

A棟(C20棟)… 要素技術開発研究

経済産業省「先進的植物工場施設整備事業」
・鉄筋コンクリート造2階建
・延床面積 約1,000m²
・照明や空調など植物工場で必要とされる要素技術に関する研究が行われています。

A棟

a. クリーンルーム型実験室A
b. クリーンルーム型実験室B
HEPAフィルターを利用して、クラス100,000の環境を作り出すことのできるグロースチャンバーを利用した研究が行われています。
c. 多元環境実験室A
d. 多元環境実験室B
幅広い温度・湿度環境を作り出せる能力のあるグロースチャンバーを利用した研究が行われています。
e. 栽培環境シミュレーター室 均一な気温、湿度、CO2濃度環境を作り出すことのできるグロースチャンバーを利用した研究が行われています。
f. 光源・直流電源実験室 直流で駆動するLEDランプと空調装置を備えたグロースチャンバーの利用に関する研究が行われています。
g. ユニバーサルデザイン室 障がい者や高齢者が作業できる空間を作り出すために、作業療法に関する研究が行われています。
h. 計測・制御実験室 植物工場で利用される様々なセンシング技術に関する研究が行われています。

 

B棟(C21棟)… 実証栽培研究

農林水産省「モデルハウス型植物工場実証・展示・研修事業」
・鉄筋コンクリート造2階建
・延床面積 約1,000m²
・植物工場への展開を視野に入れた栽培技術の実証に関する研究が行われています。また、セミナーや研修の際には、会場として利用されています

B棟

i. 機能性植物生産室A
l. 機能性植物生産室B
効率のよい光源と空調を利用した高収量生産法を実証するために、葉菜類をモデルとして実験生産をしています。
j. 育苗室 育成方法と環境の最適化により、レタス苗の低コスト生産をしています。
k. 予冷室 出荷前の予冷と貯蔵をしています。
m. 多層型植物生産室A 小規模の植物生産(日産:250株)ができます。NFTを採用した15段の栽培棚と自動搬送装置が備えられています。
n. 多層型植物生産室B 多層型植物生産室Aと同様に、植物生産ができます。15段の栽培棚、ミストかん水および自動搬送装置が備えられています。

 

C棟(C22棟)… 量産実証評価

経済産業省「イノベーション拠点立地推進事業」(先端技術実証・評価設備整備費等補助金)補助率2/3以内を活用(平成23年度第3次補正予算・平成24年度当初予算)産学官連携事業として共同研究の成果である最新技術を導入した完全人工光型植物工場、日産5,000株の量産型モデル
・鉄筋コンクリート造2階建
・延床面積約1,300m²
・総事業費 約7億円

GCNプロジェクトは、経済産業省の産学連携補助スキームを活用しており、多彩な異業種の産学官連携企業と大阪府立大学とが連携協定を締結し、施設整備から実証評価事業を行います。

・産学官連携企業:堺市、伊東電機(株)、(株)日伝、エスペック(株)、
(株)デンソー、三進金属工業(株)、播州信用金庫、(株)VFアグリ、
(株)グリーンクロックス、大阪信用金庫

C棟

■設置目的

1.社会的な課題や産業化ニーズの解決
①植物工場の産業化に向けた本格的な普及拡大
②「美味しい」「安全」「新鮮」な植物工場野菜の消費者への供給体制の強化
③産学官連携の実証モデルによる農の分野での新しい社会及び地域貢献
④砂漠や寒冷地など耕作不適地での作物生産の海外需要への対応
2.新産業分野を担うイノベーション基幹拠点の構築
①植物工場の革新的開発成果の実用・実証化推進
②植物工場研究ラボ(C20棟)、実証ラボ(C21棟)、本「GCN植物工場」大規模
実証棟(C22棟)のフルラインナップ整備により教育・研究推進インフラの拡充

■主な新技術

1.グリーンクロックス技術による苗選別ロボット(世界初)
幼苗ステージでの時計遺伝子の活性度に基づいた優良苗自動選別と移植作業を組み合わ
せたロボットを導入。
2.自走搬送ロボット・自動搬送ライン (国内初)
バッテリー駆動の自走搬送ロボットを導入。栽培ラックへの装荷から栽培終了後の調整
作業エリアまでの栽培トレイ自動搬送システムにより、栽培室内の無人化を実現。
3.育苗から栽培工程まで完全LED光源
新世代光源として注目されているLEDを全面採用し、電力エネルギーの大幅軽減化を図る。
4.最適化空調システム (国内初)
栽培ラックの各段に空調空気を配風する独自のダクトシステムにより、光源発生熱の停滞による周囲環境との温度差や、栽培室内の温度ムラを改善し、より均一な生育を実現。

center_shingijutsu2