センターのご紹介・ご挨拶

植物工場研究センターからのあいさつ

メンバー植物工場は、光や温度、湿度、二酸化炭素濃度、養分、水分等の植物の生育環境の高度な環境制御の下で、植物の診断や生育等のモニタリングを通じて、野菜等の有用植物の生育を促進させ、計画的、安定的生産を可能とする栽培施設であり、人工光型と太陽光併用型に大別されます。

このような植物工場の実用化と普及は、地球規模での環境問題が人類の存亡にも関わる喫緊の課題となる中で、食料の安全・安心のある安定した供給とともに、我が国の経済成長戦略や地域創生の一環となる新産業の創出など、現代社会が抱かえる諸課題の解決に向けた国家戦略の一つとして大いに期待されています。

大阪府立大学の植物工場研究センターは、平成23年3月に経済産業省の「先進的植物工場施設整備事業」によって、空調や照明、自動化等の要素技術研究開発施設としましてA棟(C20棟)、農林水産省「モデルハウス型植物工場実証・展示・研修事業」によって、葉菜類の栽培技術実証及び展示・研究施設としましてB棟(C21棟)が建設されました。さらに、平成26年9月には経済産業省「イノベーション拠点立地推進事業」によって日産5,000株の量産型実証モデルとしましてC棟(C22棟:グリーンクロックス新世代植物工場)が建設され、完全人工光型植物工場に特化した先進的、国際的な研究開発の拠点形成を目指した第2フェーズを迎えています。

本研究センターでは、大阪府立大学の豊富な教育研究者とともに、本センターの企業コンソーシアムの研究者・技術者が共に力を合わせて、実用的な共同研究と技術集積の推進を目指す「研究開発戦略」、工学域・生命環境科学域での副専攻「植物工場科学」による学士教育、農林水産省の「栽培技術者育成研修」と文部科学省「中核人材育成」等による社会人教育を目指す「教育戦略」に加え、量産型実用化植物工場プラントの実証評価を通じての「プラント開発戦略」、産官学連携によるビジネスモデルの構築といった「ビジネス化戦略」の4つの戦略を持って活動を展開しています。

植物工場の実用化と普及を国際的に先導する本研究センターの大いなる飛躍のために、第1フェーズにも増して、ご支援、ご協力をお願い申し上げます。

2015年4月

植物工場研究センター長
増田  昇

研究センターの活動

1.要素技術の開発
空調、照明、自動化、センサー、育成環境制御、ゼロウエイスト、エネルギーといった植物工場に関する要素技術の総合開発に取り組み、規格化(標準化)されたシステムを開発していきます。
2.栽培の実証
レタス等の葉野菜類に関して重量当りの生産コスト縮減を可能とする栽培管理技術を実証していきます。
3.人材の育成
本学の教育・研究の蓄積を活用し大学のカリキュラムやオリジナルな研修プログラムを通じて、植物工場を運営していくための技術者および経営マネジメント人材を養成していきます。
4.普及と展示
植物工場研究センターをモデル施設として位置づけ一般公開し、普及拡大を図ります。
5.情報の収集と提供
植物工場に関する情報を収集し発信と情報交流をすすめます。

施設概要

大阪府立大学の植物工場研究センターは、A棟(C20棟)・B棟(C21棟)・C棟(C22棟)の3棟があります。A棟(C20棟)は、平成23年3月に経済産業省の「先進的植物工場施設整備事業」によって要素技術研究開発施設として、B棟(C21棟)も平成23年3月に農林水産省「モデルハウス型植物工場実証・展示・研修事業」によって栽培技術実証及び展示・研究施設とて建設されました。C棟(C22棟:グリーンクロックス新世代植物工場))は、平成26年9月に経済産業省「イノベーション拠点立地推進事業」によって日産5,000株の量産型実証モデルとして建設されました。
当センターは、これらの3棟の施設を活用して、企業コンソーシアム会員と共に、蛍光灯やLED を用いた「完全人工光型」植物工場に特化した研究施設としては国内最大規模を誇り、次世代植物工場研究開発の拠点をめざしています。

center_shisetsu

btn_shosai

 

 

植物工場研究センターの組織体制

植物工場研究センターの組織体制

btn_shosai