センターの紹介

植物工場研究センターの概要と目指す方向

植物工場は、光や温度、湿度、二酸化炭素濃度、養分、水分、対流等の植物生育環境を高度に制御し、植物の生育の診断やモニタリングを通じて、葉菜や果菜等の有用植物を促成栽培し、計画的、安定的な生産を可能とする栽培施設です。閉鎖環境からなる人工光型と太陽光利用型に大別されます。
大阪府立大学の植物工場研究センター(PFC)は、日本において人工光型植物工場に特化しました最先端の研究開発拠点の一つです。
PFCは2011年(平成23年)3月に研究棟として建設されましたC20棟、C21棟と2014年(平成26年)9月に新世代植物工場として建設されましたC22棟、2019年(令和元年)10月に実証型研究施設として整備されました南花田ラボの4施設から構成されます。
本センターは、SDGs社会の実現に向けて、「栽培環境コントロール型の植物工場を基軸とした都市型施設園芸の高度化による食料および環境問題の解消に貢献すること」というビジョンを掲げ、1.産官学民連携による研究開発・技術開発の推進、2.教育・研修事業による人材育成、3.植物工場に関する普及・啓発活動の推進、4.生産現場の支援といったミッションに取組んでいます。
本センターは開設後10年が経過し、第3フェーズを迎えており、AIやICT技術を活用した完全自動化技術や人的資源管理技術の研究開発、多品種生産に向けた新たな品種探索や機能性植物の生産などの栽培技術の研究開発に取り組んでいます。
人材育成面では、コンソーシアムと連携して、社会人教育を目的としましたPFCセミナーを基礎編、実践編、応用編として体系的に展開するとともに大学での学士教育の一環となる副専攻(植物工場科学)に関しても積極的な支援を行います。
普及・啓発活動に関しては、全世界の研究者等を対象としました視察に加え、一般や団体を対象としました見学会を積極的に受け入れるとともに各種展示会への出展、学生を対象としましたアイデアレシピコンテスト等のイベントに取り組み、積極的な情報発信に努めます。また、植物工場が新産業の一つとして社会実装されつつある中で、コンソーシアムとの連携を強化し、技術相談や現場指導も積極的に実施したいと考えています。
国際的に先導する研究開発拠点の一つとしまして、教育研究活動を積極的に展開し、大いなる成果を得ながら、PFCが大きく発展しますよう今後ともご支援、ご協力をお願い申し上げます。

2020年5月         植物工場研究センター長 増田 昇

 

PFCのビジョン

栽培環境コントロール型の植物工場を基軸とした都市型施設園芸の高度化による食料および環境問題の解消に貢献する( Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)

 

PFCのミッション

○産官学民連携による技術開発・研究開発の推進
(C20,21,22棟、南花田ラボを活用したコンソーシアムを基軸とする共同研究の推進)

○教育・研修事業による人材育成
(副専攻「植物工場科学」による学士教育、研修会(初級・中級・上級)による社会人教育)

○生産現場の支援
(生産現場の調査、検査・分析、アドバイス等の実施)

○植物工場に関する普及・啓発活動
(広報、施設見学会、講演会等)

 

SDGs(持続可能な開発目標)に果たす役割

 

 

SDGsの達成に向けた取り組みを進めてまいります。

 

 

施設概要

本センターはキャンパス内に立地するC20,21,22棟と堺市内に2019年10月に整備されました南花田ラボの4施設から構成されます。
C20棟は、植物の成長に必要な光や対流、気温や湿度、CO2濃度等の要素技術の研究開発施設、C21棟は、多層型や平面型の植物生産が可能な栽培技術の実証研究施設、C22棟は、日産最大6,000株のリーフレタスを生産できる新世代植物工場です。南花田ラボは、リーフレタス換算で日産最大4,000株、多品種が生産できるオンデマンド型メガプラントの実証モデル施設です。

 

 

 

 

 

 

btn_shosai

 

 

 

植物工場研究センターの組織体制

本センターは、大学の研究組織とともに植物工場を経営、あるいは、参入意欲のある法人や個人会員から構成されますコンソーシアムとの両輪で受託研究や共同研究、人材育成等を推進しています。

 

 

 

マネジメント会議

2020年4月現在

メンバー
センター長 増田 昇
副センター長、工学研究科 教授 吉田 篤正
副センター長、生命環境科学研究科 教授 北宅 善昭
副センター長、生命環境科学研究科 准教授 山口 夕
工学研究科 教授 福田 弘和
生命環境科学研究科 講師 和田 光生
人間社会システム科学研究科 教授 大山 克己
センター 特認助教 江口 雅丈

 

コンソーシアム運営協議会

btn_shosai